HOME > 野生植物ミネラルとは > ミネラルって何?

「ミネラル」とは、「無機質」とも言い、地球上に存在する118種類の元素の中で、タンパク質、脂質、炭水化物の主要な構成成分である水素(H)、炭素(C)、窒素(N)、酸素(O)の4つの元素を除いた114種類の元素をミネラルと言います。人が必要とする5大栄養素の中でタンパク質・脂質・炭水化物主要栄養素、ビタミン・ミネラルは微量栄養素と呼ばれますが、ミネラルは体内でまったく作れないため、食物や飲み物から摂取するしかなく、生命活動に不可欠な栄養素なのです。

体の中のミネラルは体重のわずか4%しかありません。その中でも、比較的多量に必要な「主要ミネラル」と、微量でも欠かせない「微量必須ミネラル」に分けられ、「微量必須ミネラル」の種類は約40種類以上と言われています。

ミネラルは、骨、歯など、体をつくる重要な成分であるばかりでなく、体液の状態を正常に保つ機能、神経や筋肉を正常に働かせる機能、また赤血球や酵素、ビタミンなどを正常に働かせる機能をもち、正常な生命活動を行うために不可欠な栄養素なのです。